スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主婦としてやってきましたが、最近ふと思うこと

本日の夕食は、マーボーナス風でした。

この”風”っという所がポイントです(笑)

私が作る料理って、大半がきちんとレシピを覚えたものではなくて

完全自己流なのです。

”こんなもんかな?”って作ってみたら何となく近い雰囲気に仕上がった

というパターンがほとんどなので、調味料を量りながら作るわけでもなく、

レシピを検索するわけでもなく、手順も何もかも適当です(笑)

それでも美味しい美味しいって食べてくれる家族の顔を見ると、

こんな適当料理でも喜んでくれる人たちがいるんだ、ととても嬉しくなります。

たま~に気が向いた時にはレシピ検索してみたりするのですがね。

でも我が家に無い調味料なんかが出てきてしまったら、わざわざそれを作るために

スーパーで購入なんてしません。代替品を数少ないレパートリーの中から探すか、

またはレシピを見て作ること自体辞めてしまいます・・・。

こんな感じで数十年主婦をやってきましたが、最近、きちんと料理の基本を教わりたい、

なんてふと思うことがあります。

料理教室に行ったり、通信講座で学んだり、色々と学ぶ方法はありますが思い腰が

上がらない状態です(笑)

いくつになっても学ぶ姿勢を忘れずにいたいです。


スポンサーサイト

昔おいしかったとんかつ屋さん

今日のお昼ご飯は、かつ新というとんかつ屋さんに行きました!

上司が昔食べてうまかったというので、行ってみることにしたのです。

行ってみると、とんかつ屋という雰囲気はまったくなく、喫茶店。カフェじゃなくて、昔ながらの喫茶店。懐かしい響きです。外観、店内は喫茶店ですが、メニューはしっかりととんかつ屋。とんかつメニューが10種類以上ありました。しょうがとんかつというものもあり、ちょっと意外でした。

老夫婦が経営しており、セットになってる味噌汁がうまい。とんかつはというと、かなり脂っこい。というか、衣がしつこいんです。残念。そしてミートボール揚げと魚フライも入っているミックス定食にしたのですが、普通にとなりで食べているとんかつ定食のほうが安くてうまそうだった。

食べ終わったあと、お会計を上司がしてくれ、ちょっとラッキー。ごち!

上司から一言。たぶんもう俺は来ないな、と。おススメしておきながら、微妙だったので、申し訳なく思っていたようです。そこまで気をつかわなくてもいいんですけどね。ものすごく愛着のある上司です。

仕事に対して厳しいのですが、こういう人懐っこいというか親近感を持てる上司っていいなと思った、平和な平日のランチタイムとなりました。

ありがとう、上司!

楽しい毎日の子育て

1月が始まってあっという間に半月が過ぎてしまいた。もうすぐ赤ちゃんは1歳になります。
もう1年が経つのかと不思議な気持ちになるくらい、子供の成長はあっという間です。

赤ちゃんはとてもかわいいので6歳上の息子は妹が大好きです。年が離れたので私がお世話をしていても、ヤキモチを焼く事もなく、離乳食やおやつをあげてくれたり、休日などは洗濯物をなど家のお手伝いをしながら、妹を笑わせたりしてくれます。

妹もお兄ちゃんが大好きで、抱っこをしていても、お兄ちゃんを見ると暴れて喜んでいます。二人で遊んでいる姿を見ると、私も主人もとても癒されます。

子供を産むか産まないかは、色々な状況にもよると思いますが、もう一人産んだことで、私の人生はさらに豊かなものになりました。子供は宝だと良く聞きますが、本当にその通りだな、と感じています。毎日一生懸命にいきているだけですが、そんな子供を見ていると、自然と周りも笑顔になります。

小さいことでも出来るようになった事が嬉しくて、ビデオや写真を撮っています。泣いたらその必死さについ笑ってしまうくらいかわいいです。育児をする期間は人生の中で限られた時間なので、今を楽しみながら生きていきたいです。

美容室のサービスに求めるもの

髪型によって印象がかなり変わるのでやはりどんな美容室に行くかはとても大事なことです。とはいっても口コミなどで感じがいいなあと思って選んだ表参道の美容室でも、ちょっと苦手な感じの美容師さんに担当してもらうこともありまた新しいところを探す…の繰り返しです。

人によっていい美容室は違うと思いますが、私の場合はやはりどんな美容師さんかということです。美容室というのは自分をきれいにしてもらうという特別な時間なので、やはり寛げる空間であってほしいのです。どんな髪型にするのか伝えるのも意外に難しいのですが、いい美容師さんはイメージを伝えるとそれを何とか理解しようと、また口に出して確認してくれるものです。

そういう人に出会うと一気に寛げますし、またいらないおしゃべりはしてこられません。当たり障りのない会話を少しはされますが、詮索はしてこられず、雑誌をめくりながら美味しい飲み物を頂いて…心も髪も洗われます。

実は今まで一度だけある表参道の美容室でそんな美容師さんに巡り合ったことがありましたが、腕がよかったためか私が三度目に行ったときにはすでに他店に引き抜かれていました。それからまた美容室ジプシーが続いているのです。

●美容室のサービスに求めるものは

私の通っている表参道の美容室は、無料でハンドマッサージをしてくれます。

シャンプーが終わった後に、新入社員や見習いのスタッフが、マッサージしてくれるのです。

職場の男性にそのサービスの話しをしたところ「若い女性がマッサージしてくれるの?いいなー、紹介して」と言います。

何か悪いことを想像しているようなので「男性客には男性スタッフがマッサージするらしい」と、嘘をついてしまいました。



最近では美容室で飲み物を出すことは、当たり前のサービスになりましたが、飲み物を出すタイミングによっては、困る場合があります。

私は猫舌なので、熱い物が飲めません。

出していただいたお茶が冷めるまで待っていると、美容師さんがブローにやってきます。

髪をブローする時に飲もうとすると、大抵こぼします。

口の脇からタラーとたらしてしまうので、拭こうと思っても、ケープをかけているので手が口元まで上がりません。

口元がだらしない自分が鏡に映し出されます。

そんな経験があるので飲まないで帰ろうとすると「お飲み物はよろしいのですか?」と言われ、「せっかくですから」などと言いながら、慌てて飲むことになります。



お客様に喜んでいただくためにと、美容室はいろいろなサービスを考えてくれますが、用意してくれたサービスの中から選べるようになっていると、私はとても嬉しいのですが。

冷や冷やです

今日職場であった事なのですが、得意先に納品した商品のラベルが違う商品のものが貼られていた、というクレームがあったそうです。自分はその工程に直接関与していないので「へぇ、そうなんだぁ」といった程度にしか受け止めていませんでしたが、関与している人達は結構ピリピリしていた模様なのです。

その責任者がどこの会社にも居そうないわゆる「お局様」で、周囲はいつも気を使いまた雰囲気も他の工程とは大違いなのです。この件も当然お局様に伝わったのですが、通常であれば「みんな気をつけましょう」といった具合に引き締めがあって終わると思います。しかしお局様はそんなにやさしくは無いのです。早速犯人探しをし、恐らくこの人だろうという人にきつく言うのです。案の定まだ経験が浅い若い子だったらしいのですが、雰囲気はどんよりしたものだったようです。

製造される商品の品質や正確さは、非常に大事な事です。大きなクレームになると会社の風評だけでなく、経営そのものにまで影響しかねないので厳しさは大事です。でも厳し過ぎるのもどうかなぁ、と感じております。
07 | 2016/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Author:yuka
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。