スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容室のサービスに求めるもの

髪型によって印象がかなり変わるのでやはりどんな美容室に行くかはとても大事なことです。とはいっても口コミなどで感じがいいなあと思って選んだ表参道の美容室でも、ちょっと苦手な感じの美容師さんに担当してもらうこともありまた新しいところを探す…の繰り返しです。

人によっていい美容室は違うと思いますが、私の場合はやはりどんな美容師さんかということです。美容室というのは自分をきれいにしてもらうという特別な時間なので、やはり寛げる空間であってほしいのです。どんな髪型にするのか伝えるのも意外に難しいのですが、いい美容師さんはイメージを伝えるとそれを何とか理解しようと、また口に出して確認してくれるものです。

そういう人に出会うと一気に寛げますし、またいらないおしゃべりはしてこられません。当たり障りのない会話を少しはされますが、詮索はしてこられず、雑誌をめくりながら美味しい飲み物を頂いて…心も髪も洗われます。

実は今まで一度だけある表参道の美容室でそんな美容師さんに巡り合ったことがありましたが、腕がよかったためか私が三度目に行ったときにはすでに他店に引き抜かれていました。それからまた美容室ジプシーが続いているのです。

●美容室のサービスに求めるものは

私の通っている表参道の美容室は、無料でハンドマッサージをしてくれます。

シャンプーが終わった後に、新入社員や見習いのスタッフが、マッサージしてくれるのです。

職場の男性にそのサービスの話しをしたところ「若い女性がマッサージしてくれるの?いいなー、紹介して」と言います。

何か悪いことを想像しているようなので「男性客には男性スタッフがマッサージするらしい」と、嘘をついてしまいました。



最近では美容室で飲み物を出すことは、当たり前のサービスになりましたが、飲み物を出すタイミングによっては、困る場合があります。

私は猫舌なので、熱い物が飲めません。

出していただいたお茶が冷めるまで待っていると、美容師さんがブローにやってきます。

髪をブローする時に飲もうとすると、大抵こぼします。

口の脇からタラーとたらしてしまうので、拭こうと思っても、ケープをかけているので手が口元まで上がりません。

口元がだらしない自分が鏡に映し出されます。

そんな経験があるので飲まないで帰ろうとすると「お飲み物はよろしいのですか?」と言われ、「せっかくですから」などと言いながら、慌てて飲むことになります。



お客様に喜んでいただくためにと、美容室はいろいろなサービスを考えてくれますが、用意してくれたサービスの中から選べるようになっていると、私はとても嬉しいのですが。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

yuka

Author:yuka
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。